【2019年6月19日】

6月定例議会閉会〔PDF 115KB〕

【2019年4月30日】

就学援助制度を活用しましょう

 家族構成や保護者の年齢によって適用基準が定められます。
 春日部市では、就学援助の認定基準は、生活保護基準(平成25年度)の1.3倍未満です。
 認定基準の目安は、例えば世帯構成が父、母、中学生、小学生の場合、世帯の年間総所得額は、330万円となります。

主な支給内容(金額は平成30年度)
○学用品費(年額)小学生 11,420円
         中学生 22,320円
○通学用品(年額)小・中学生とも2,230円(1年生を除く)
○校外活動費  (宿泊あり)(宿泊なし)
 小学5年生   3,620円  全学年1,570円
 中学1・2年生 6,100円 全学年2,270円
○新入学・学用品(4月認定者のみ、2月に前払いしている場合は対象外)
 小学1年生 40,600円  中学1年生 47,400円
○修学旅行費 小中学生とも必要経費
○給食費 実費
○医療費  学校病(う歯等、学校保健法の定めによるもの)の治療に対して医療券を発行

問合せ先 市教育委員会学務課 736-1111

【2019年6月6日】
幼児教育・保育の「無償化」に係わる制度の拡充、及び、地方自治体への国の十分な財政措置を求める意見書〔PDF 70KB〕
加齢性難聴者の補聴器購入に対する公的助成制度の創設を求める意見書〔PDF 71KB〕
学校における働き方改革の実施のため、教職員定数の抜本的な増員を求める意見書〔PDF 68KB〕

【2019年5月30日】
6月定例市議会日本共産党議員の一般質問〔PDF 105KB〕

【2018年12月26日】
市議団ニュース第15号(2019年1月号)〔PDF 12,219KB〕

【2018年12月26日】
2018年12月議会 学童保育・指定管理反対討論〔PDF 93KB〕

【2018年11月26日】
 こども医療費・高額療養費の「窓口払い廃止」が実現!

 現在は、2万1千円以上の高額療養費は、いったん支払った後に、市に申請してからの助成となっています。実際の支給までには約3カ月もかかっています。
 来年6月から、この「窓口払い」を廃止することになりました。
 日本共産党と市民のみなさんとの運動の成果です。

【2018年10月22日】
市議団ニュース第14号(2018年10月号)〔PDF 2,394KB〕

【2018年10月15日】
放課後児童クラブ指定管理者について緊急申し入れ〔PDF 69KB〕

【2018年9月27日】
春日部市立看護専門学校定員削減条例の反対討論〔PDF 11KB〕
体育館へのエアコン設置請願の賛成討論〔PDF 10KB〕

【2018年9月25日】
平成29年度春日部市一般会計決算認定・反対討論〔PDF 28KB〕

○「新春日部」について

党市委員会は、毎週、地域ミニ新聞「新春日部」を発行しています。
党市議団が中心となって記事を作成しています。ぜひ、お読みください。
新春日部 2285号
・核兵器のない平和な世界を
 原水爆禁止国民平和大行進武in春日部
・並木としえ議員一般質問
 遊びと生活を保障する学童保育を
新春日部 2284号
・安心の年金を今こそ!
 安倍政権にきびしい審判を
・第53回春日部母親大会
新春日部 2283号
・2008年度から土地の野取得なし
 土地開発公社は解散の検討を
・うづき武彦議員一般質問
 粕壁放課後児童クラブ39名超過、15名待機
 増設・分割して定員増を
新春日部 2282号
・6月定例議会閉会
 10月からの幼児教育・保育の「無償化」
 日本共産党 「全面無償化」を提案
・今尾やすのり議員一般質問
 公園整備、住民の声聞いてとりくみを
新春日部 2281号
・首都圏外郭放水路「特別見学会」中止
 「彩龍の川まつり」今年度開催なし・延期
・松本ひろかず議員一般質問
 全学年で少人数学級実施を
 教育長「国や県に要望」
新春日部 2280号
・10月から「幼児・保育の無償化」
 「保育の質」確保を
・ 埼玉土建春日部支部定期大会
新春日部 2279号
・希望を語り政治を変えよう
 伊藤岳氏が春日部駅で訴える
・6月定例市議会 日本共産党議員の一般質問日程決まる
 傍聴においでください